sugi2000tech's diary

ハマるポイントがおおすぎる

Authyのバックアップパスワード

iPhoneでAuthyを使っていて、Mac版をインストールしたら、初回コードを見るのにバックアップパスワードを求められる。

思い出せない…。

ダメかとおもったが、スマホアプリでバックアップパスワードは変更できた(現在のパスワード入力不要)。 助かった。

support.authy.com

The operation couldn’t be completed. (OSStatus error 17)

共有ドライブをTime Machineのバックアップディスクにしようとしてもエラー。

RAIDそのものではなく、フォルダを作って共有すれば解決した。

ここにも同じ症状の人が。ユーザ登録が面倒で返信できていない。

forum.promise.com

Microsoft Office 2016 for Mac の日本語化

macOSを英語環境で使用している。 Officeはbrewでインストールした。

$ brew cask install microsoft-office

日本語化するには以下のコマンド。

$ defaults write com.microsoft.Word AppleLanguages '(ja)'
$ defaults write com.microsoft.Excel AppleLanguages '(ja)'
$ defaults write com.microsoft.Powerpoint AppleLanguages '(ja)'

参照 d.hatena.ne.jp

d3 の cast function

@shimizuさんのObservableより。

d3で外部データを読み込むと、すべて文字列になるので、数値に変換しないといけない。けれど、このcast functionがあると1行で書けて素敵。勉強になります。

cast = d => {
  Object.keys(d).forEach(key => {
    if(!isNaN(+d[key]))d[key] = +d[key]
  })
  return d
}
data = d3.csv(csv_path, cast)

beta.observablehq.com

CloudFlareを設定したらSSH接続できなくなった

CloudFlareを設定したら、さくらのVPSSSH接続できなくなった。

いつものこれが反応しなくなった。

$ ssh www.example.com

接続元がCloudFlare経由になるからかな。

以下で接続できた。

$ ssh xxx.sakura.ne.jp

$ ssh ip-address

単純だけど、はまってしまった。

Coda2.5でgithubプライベートリポジトリでソース管理する

Coda2.5でgithubプライベートリポジトリでソース管理しようとしたけれど、なかなかうまくいかなかった。

ポイントとしては、

  • サイト設定で誤ったソース管理設定をすると、同じローカルルートだと再設定できなくなる。再設定したい場合は、ローカルルートの.gitディレクトリを削除する。
  • ソース管理のURLはHTTPSよりもSSHのほうがよいらしい。
  • パスワードは、githubのsettingsからPersonal access tokenを発行する。
  • Codaでコミットしても、プル/プッシュがアクティブにならない。
  • 最初はターミナルでコマンドラインでpushすると、Codaのプル/プッシュがアクティブになった!

これでうまくいったのかもしれない。 まだきちんと使っていない。

参考にしたページ(ほかにもあったが)

OneDriveで同期できないファイル名

MacにインストールしていたOneDriveのメニューを開くと、問題があると表示されていたので詳細をみると、以下のメッセージがあった。

ファイル名を変更してください。ファイル名の先頭または末尾にスペース、末尾にピリオド、先頭に2つのピリオドは使用できません。また、次の文字も使用できません: \ / : * > " < > |

ファイル名の先頭または末尾にスペースというルールは初耳だった。こんなファイル名がダメなんて驚きです。